隠れオタクの秘密基地

フィギュアレビューやカメラ、アキバでの食べ歩きの写真を載せています。

カテゴリ: イベント レポート

ワンダーフェスティバル2018Winter レポっぽいもの その1です
IMG_4186
今回の1枚目はやっぱりSAKAKI  Workshopsさんの1/1スケールマシュです。
これを撮るために大変な列ができてました。

今回使用したカメラは

EOS-6D 
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
・スピードライト320EX
&影とりジャンボ
今回もマクロレンズは持たず標準ズームのみ。
ブース全体も納めるときはやっぱりズームの方が便利です。

撮影させていただいた皆様本当にありがとうございました。
ただ撮らせてもらうのは申し訳ないので私も出来る限り宣伝させていただきます!
続きを読む

11月3〜5日の三連休に幕張メッセで行われている
「サイクルモード2017」に行ってきました。

P1620022

日本最大級の自転車イベントで沢山の自転車メーカーが出展しており
試乗や各種イベントが開催されています。


私は自宅から幕張までは距離があるので前泊しました。初めて幕張のアパホテルに宿泊。

基本カプセルホテル住まいの私には幕張のアパは規模がデカすぎてビックリした( д ) 
P1610990

高層ビルからの夜景(左上にマリンスタジアム)たかーい!

続きを読む

ワンダーフェスティバル2017Summer レポっぽいもの その1です
まずはとりあえず企業から


1枚目はアルターのふみふみ

今回は入場して企業を回ろうとしましたが、グッスマの物販がまだ残っていたので
figmaアルトリア(アーチャー)とねんどろ霊夢目当てに並んでしまいました。
これが失敗で、一時間並んだあげくあともう少しというところで完売。
おとなしく通販にしておけばよかったなぁ(^^;

あとはコトブキヤのキューポッシュ オレンジペコは買えました。

今回使用したカメラは

EOS-6D 
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
・スピードライト320EX
&影とりジャンボ
今回は標準ズームのみです。

続きを読む

すっかり遅くなってしまいましたが
ワンダーフェスティバル2017Winter レポっぽいもの その1です。

まず最初の一枚は「Milktea&ディッチカメレオン」お二人の合作の
ビスマルクとプリンツ・オイゲン(水着)です。

ビスマルクと艤装はけろよん(@keroyon0029)さん、

プリンツと椅子をあかちょむ(@15milktea8)さんの担当です。
彩色はAizer(@aizer32x)さん。

 

今回のワンフェスの展示の中で一番印象に残ったフィギュアがこれですね。
シックな水着なのにめっちゃ華やかです(*´ω`*)
Twitterで流れていた事前情報の時から楽しみにしていたので見られて幸せでした。
 

撮影させていただいたディーラーの皆様ありがとうございました。
ディーラーさんはわかるかぎりHPも紹介させていただきます。

今回使用したカメラは

EOS-6D 
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
・スピードライト320EX
&影とりジャンボ
で、今回は標準ズームのみでマクロレンズは持ち出さず。

テレ端メインな使い方ですけど広角でブース全体を取る時なんかは便利ですね。
続きを読む

秋葉原UDXで開催していた『メガホビEXPO2016Autumn』に行ってきました。
当日到着は12時頃、会場の秋葉原UDXはそこまで広い会場ではないので1時間もあれば
十分回ることができました。

今回はスケールフィギュアが多かったAMAKUNIブースから
AMAKUNIブースは白バックの明るい展示スペースなので写真を撮りやすいのでありがたいです。
 
トップは
SHOW BY ROCK!!のシアン
原型:i-con氏、彩色:ピンポイント氏です。
髪のロールとか、服のフリフリとかすごいことになっているぞこれは! 

使用したカメラは
キヤノン EOS-6D
タムロン SP 24-70mm F2.8 Di VC USD
タムロン  SP 90mm F/2.8 Di VC USD MACRO
キャノン スピードライト320EX 

タムロンのレンズは手ブレ補正が強力なのでメガホビのように暗い会場で助かります。
中古だと24-70mmは7万弱、90mmマクロは3.5万円程度で買えてしまうので
純正はなかなか手が届かない・・・なんて人にはオススメです。 

誰か私にアクリルボード越しでもキレイに映せる技術をください・・・orz 
 
続きを読む

↑このページのトップヘ