6月始めから苦しんでいた尿管結石でしたが無事に排出されていました。
この2ヶ月弱かなり悩まされていましたが、ある意味で勉強にもなったので
そのまとめというか備忘録を記録していきたいと思います。
sick_nyouro_kesseki_man
そもそも結石とは
内臓の中で分泌液の成分が石のように固まったもの」を言い、
その結石が「尿管」に詰まるので「尿管結石」と言われています。

1.これが腎臓に結石があってくっついている状態、この時点では痛みはありません。
IMG_1853


2.これが何かの拍子に壁から剥がれ落ちて腎臓と膀胱の途中の菅「尿管」に詰まります。
これがいわゆる「尿管結石」の状態。
IMG_1852
この時がメチャクチャ痛い!
私の場合は夜に起こりましたが、脇腹付近に激しい痛みが走り寝ていられないほど。
ひどい人は気絶したり、あまりの痛みに歩けず救急車を呼ぶほどだそうです。
ちなみ結石のトゲトゲで痛いというより、詰まって尿が溜まり神経を圧迫するからだそう。
この時血尿も出ることがあります。

3.尿管を通り抜けて膀胱にたどり着けば「膀胱結石」と呼ばれます。

IMG_1854
ここまで来ると痛みはもうありません。
あとは頑張って外に出るのを待つだけ

4.そしてとうとう結石が尿道を向ければ晴れて排出です。
IMG_1856
この時も痛そうですが、尿道は広いらしくこの時はあまり痛くない模様。
このような流れで尿管結石は起こります。

〜私の尿管結石の場合〜
初期症状は6月2日。昼頃から右脇腹の張りと弱い腹痛があったが気にしてませんでした。
夜になって痛みが増し、気絶までは行かないがとても眠れない状態。
この時私は結石というものを知らなかったので「盲腸」だと思ってました。
sick_mouchou_chusuien
市内の夜間救急病院に連絡して診察してもらい尿検査で「尿管結石」だと判明。
痛み止めを処方してもらいなんとか耐えて、翌日総合病院で診断。
CTを撮ってやはり結石が原因と判明。
結石の大きさはわずか3mm。これがもっと大きいと10mm以上もあるらしい。
3mmであの激痛なのでもっと大きいのを想像するとゾッとします。
body_kesseki
治療方法は基本的に自然に排出されるのを待つのみ。
「水を多く飲んで上下運動をいっぱいしてね」とお医者さんに本当に言われました。
10mm以上の場合は超音波で砕くそうです。

排石の薬(ウロルカン)と痛み止めの座薬を処方してもらいました。
痛みは昨日ほどではなくだいぶ波がある模様。

その後も初日ほどの痛みはありませんでしたが、時々激痛に襲われました。
その時も右の脇腹がパンパンに張るので中で詰まってたんでしょうね。
痛み止めの座薬は要冷蔵なので職場に持っていけないのが辛かったです。
困ったのがキャンプ行った夜に痛み始めたのは泣きたくなりました。

そして7月20日に病院で経過診断に行ったところ
「おめでとう。もう排出されてますね!」のお医者さんの言葉
え?いつの間に??つい先日も痛かったのに??
というくらいあっさり無くなってました。
出る時わかると思っていたけど気づかなかったなぁ。
hospital_taiin
とりあえずワンフェス前に治って本当に良かったです。

〜尿道結石にならないためには〜
なんとか結石の痛みを乗り越えることができましたが、
一度結石になるとそのあと再発する確率が非常に高いそうです( ;´Д`)
水分を多くとる(1日2リットル)
・よく運動する
・食生活の改善  が基本だそうです。
水をよく飲んで尿量を増やして体内の排泄物の排出を促す。
結石の主成分であるシュウ酸を多く含む食べ物(ほうれん草・バナナ・チョコ・ナッツ類)
を取り過ぎないようにする。尿酸値が高い人も結石になりやすいのでビールなども危険。

私の場合チョコとピーナッツ大好きなのでこれが原因か( ;´Д`)
あとはストレスなども大いに関係あるそうですね。
そろそろ私も食生活に気を使わないといけない年齢なのかなぁ・・・
としみじみ思わせる出来事でした。みんなも気をつけようね。