雨模様だった土日の予報が変わったので急遽ソロキャンに出かけてきました。
実はキャンプ用に大きいリュックを新調したのだ。
IMG_1605
イギリスのバックブランドの「キャビンゼロ クラシック44L」
その名の通り44Lの大容量バックで飛行機の機内持ち込みサイズギリギリの大きさ。
これでなんでも入るぜぇ〜(๑•̀ㅂ•́)و グッ!
IMG_1606
キャンプ道具を目一杯入れてもまだ余裕があるのが頼もしい。
乗り換えの合間にコンビニで食料を買って奥多摩まで電車に揺られて行くのだ。
お昼にキャンプを思いつき、氷川キャンプ場についたのは午後4時。
チェックインギリギリの時間だったけど親切に受付してもらえました。
IMG_1609
ワンポールテントを設営してとりあえずお風呂にいきます。
IMG_1614
寝袋はナンガの「コンパクトDX120」というナチュラム別注モデル。
ダウンシュラフで15000円だったので購入しやすい価格でした。
IMG_1615
こいつは何と言ってもコンパクトで超軽量。
直径11cm×長さ20cmで340gしかない。
使用温度は10度だけど平野の3シーズンなら行けると思う。
IMG_1616
広げるとびっくりするくらい広がります。IMG_1619
マットはクライミットのイナーティアXライトというエアーマット
腰までの100cmの長さしかないけれど重量は180gという超軽量モデル。
米アマゾンで購入しました。寝袋の中に入れて使うタイプのマットです。
IMG_1625
隣に併設してあるもえぎの湯でさっぱり
露店風呂からテントサイトが見えました。自分のテントが一番ちっちゃかった。

さっぱりしたところで夕飯を作り始めます。
DSC00662
今回のクッカーはこれだけ。エバニューのチタンカップ2つです。
DSC00665
薪を燃やしてお湯を沸かします。
DSC00667
と思ったけど全然湧かないので固形燃料で沸かします。
ここは直火OKなのでそのまま置きます。
DSC00669
今夜のご飯は日清のカレーメシ!
お湯を入れるだけでカレーができる優れもの。
キャンパー御用達のアイムらしいです。
DSC00676
ちゃんと美味しいカレーでびっくりでした。
これでご飯が食べれると炊飯の手間がすごく楽になりますね。
炊飯用のクッカーも必要ないし、荷物を少なくするにはもってこいです。
汁物はフリーズドライの豚汁。セブンイレブンで売ってるのは便利だぁ。
DSC00674
大きいクッカーでセブンイレブンのウインナーをボイルしてモグモグ。
外で食べるとなんでも美味いぜ!
DSC00684
食後は焚き火を見ながらまったりタイム。
DSC00688
普段よりも時間がゆっくり流れていルような気がします。
炎を眺めながらぼんやりする時間はとても贅沢。
料理するならガスや固形燃料が便利だけどやっぱり焚き火はいいねぇ・・・
まぁ実際は半分ゲームしてたりもしてましたが。

そして焚き火も終えて、いつもより早い時間に就寝。
今日も楽しかった。あとはぐっすり眠るだけ・・・

が、夜中に急な腹痛で目が覚めた・・・
最近おとなしかった尿管結石が痛み出したのだ/(^o^)\ゥゥゥ・・・
我慢できないほどではないが、とても寝ることはできなかったので
日が出て早朝に片付けてお腹を抑えながら帰りました。
ワンフェスまでにはなんとか直したいなぁ・・・