何やらタイトルが哲学っぽいことになっていますが、
ゆるくないスタンプラリーを終えたものとしての感想というかまとめみたいなもの
DSC00499
今までのゆるくないスタンプラリーの記事はこちら
全然ゆるくない!? ゆるキャン△スタンプラリーに挑戦してみたぞ(1日目)  
もはや〇〇どうでしょう? ゆるキャン△スタンプラリーに挑戦してみたぞ(2日目) 
感動の最終回!ゆるキャン△ゆるくないスタンプラリーの果てに見たものは(3日目)
公共機関と自転車だけで回ったとはいえ、3日かかるとは思わなかったよ・・・

総距離150km、獲得標高3000mというゆるくなさ・・・
ちなみに山手線1週が約35kmなのでその規模は推して知るべし

なぜそんなスケールにしてしまったのか・・・私なりの答え

それは単純に「削るところが無かった」からだと思う

本栖湖も
DSC00564
笛吹フルーツ公園も
DSC00458
ほったらかし温泉も
DSC00471
四尾連湖も
DSC00510
すべてとても素敵なところだった。
企画した人たちも「それを けずるなんて とんでもない!」といった感じで
結果あのサイズの距離になったのだろうと思う。
私も行くのは大変だったけれども、「2度と行きたくねぇ!」なんてとこは一つも無かった。

1時間に数本しか走らない身延線も
DSC00620
想像以上におっきくてびっくりした身延山も
DSC00597
ゆるキャン関係ないけど当日飛び込みで泊めてもらった下部温泉も
DSC00589
本当に偶然見つけた本栖高校のモデルになった旧下部小中学校跡も
DSC00523

DSC00524
いいとこだったなぁ〜

この記事を書きながらニコ生のゆるキャン一挙放送見てますが
作画も再現度高すぎて「アァ〜!ここアニメで見たぁ〜!!」
な場所が多すぎて幸せです。

DSC00517
ここは甲斐常葉駅周辺
DSC00519

DSC00550

DSC00552
そしてキャンプ場の人をはじめ地元の人もみんな暖かくてほっこりします。
大洗に負けてないホスピタリティ・・・山梨もほんまいいところや・・・

なんか画像ばっかりで語彙力が失われてしまっているけど、
ゆるくないスタンプラリーみんなも参加するのおすすめです。
車かバイクならもっと自由に移動できると思いますよ!

ゆるキャン△ ゆるくないスタンプラリー