ゆるキャン△最高かよ(挨拶)

先日メスティンを買って炊飯に勤しんでいる私ですが
また新しいグッズを購入いたしました。
DSC00169
チタン製シングルバーナー『BRS-3000T』
いわゆる中華製の超軽量シングルバーナーです。
Amazonで1500円ほどで購入しました。

BRS 超軽量チタン合金ストーブ アウトドアキャンプガス折りたたみ バーナー25g

ガスコンロはアウトドアショップで購入したプリムスの110gガスボンベ

コンロはエスビットと固形燃料で良いか思っていた私ですが、
やっぱりガスのコンロも欲しくなってくる・・・ということでポチりましたw
このパッケージいかにも中華製って感じのアレなパッケージです。
DSC00172
メーカーはどうやら「兄弟捷登」というところらしい。
AliExpressなんかだと出てきますね。他にもOEMらしき似たものが色々見つかります。

こんなの大丈夫なの?と少し不安になりますが、
自転車系ブログの人が使用していて評判もまずまずなので試しに購入してみました。

つむりの悠々自適ライフ 【バーナー】自転車旅・登山で使っているバーナーを紹介【バイクパッキング、ウルトラライト的な】 
【雑記】安くて軽くて小さいシングルバーナー BRS-3000T : 流雲心重 ロードバイクと写真のブログ 

DSC00177
最大の特徴といえばやはりこのコンパクトさ。重量はたったの25g
隣に置いてあるのは単三電池です。下の緑は付属の袋です。
DSC00181
比較用のiPhone6sや110gのガスボンベなど。小さいポケットにもどこにも入ります。
DSC00183
110gのガスボンベに取り付けるとこんな感じになります。
500mlのペットボトルの半分くらいの高さ。
ボンベとセットで200gちょっとなのでかなり小さいです。
DSC00183-2
質感というとカッチリしててグラつきなどもありません。
ただコンパクト故にゴトクもかなり小さめ。風防も在りません。
ガスの開閉は下のツマミで行います。

では使い勝手はどうなのか実際に使用してエスビットと比較してみます。
DSC00185
ウインドスクリーンで周りを囲って実際にお湯を沸かす準備はおk
点火装置はないのでチャッカマンで点火します。

本日の気温は8度、ステンレスのコップに水200nlを入れて沸騰するまでの時間を計測。
びっくりしたのは日中で明るいからなのかバーナーの炎が見えない!
怖かったのでかなり絞りました。
DSC00189
グツグツ沸騰!エスビットよりも早いぞ!
タイムは5分30秒。

次はエスビットに固形燃料を入れて同じ条件で沸かします。
DSC00193

DSC00194
沸騰完了時間は8分30秒。3分の差が出ました。
やはり固形燃料よりも火力は強いですね。
ガスの方が火力調整やすぐ止めることもできるので利便性は上でした。

ただ固形燃料はメスティンとセットででほったらかし炊飯ができるので
これはこれで使い道はまだまだありそうです。
DSC00197
ちなみ旅館のお鍋料で使われるタイプの固形燃料も息で吹き消して止めることができました。
これでお湯なら2回は沸かせると思います。

比較してみて感じたのは料理するのであればガスコンロ。
お湯を沸かすだけで良いであればエスビットといった感じかな。
自転車に積むので少しでも荷物を減らしたいときはエスビットは便利だと思います。

というわけで2000円程度でガスストーブ環境が購入できちゃいました。
思ったよりも少ない出費で揃えることができました。
でもメスティンにはさすがに入らないので別に丸型のクッカーが必要になります。
クッカーは安くて2000円くらいなので合計出費は4000円ちょっと。

あれれ?
でもそうするとあと2000円足せばSOTOのアミカスのストーブセットが買えてしまう。
なら最初からそっちを買うべきだったのか・・・( ;´Д`)?

まぁブログのネタにはちょうど良かったからヨシとしようか。
安物買いの銭失いを地で行く私ですがこういうのやめられません(^^;