夏の猛暑もひと段落してロードバイクにまた少しずつ乗れるようになってきました。
そしてまた新たな物欲がフツフツと湧いてきました・・・
でっかい荷物がイギリスがやってきたぜ!
P1180808
イタリアのメーカー「カンパニョーロ」のゾンダのホイールが勝手に生えてきた!
あこがれのゾンダだ!

もともとホイールは興味があったので色々見ていて、予算的にもゾンダの下のグレードの
ヴェント(VENTO)を考えていましたが。
あまりにもゾンダの評判が良くて、後々欲しくなりそうなので、悩んだ末ゾンダに変更。
海外通販のwiggleで注文、価格は約40,000円でした。
月曜夜に注文して日曜朝に届きました。ヨーロッパの海外通販では早い方だと思います。
P1180803
せっかくなのでタイヤとチューブも購入。
タイヤはネットの評判を見て鉄板のコンチネンタルのグランプリ4000sⅡにしました。
タイヤとチューブをつけていきます。
P1180812
リムテープはいらないというはずだけど、前後輪に一箇所ずつあったこの穴は何だろう?
リムの内側に穴が空いていて怖かったのでこの穴のところだけ保護テープを貼っておいた。

本当はスプロケットもギアが軽いのを買ったけれど、
リアディレイラーも買い換えなければいけないものだったので既存の物を移植しました。

タイヤとチューブをつけた状態で計量
ゾンダの場合
P1180816
前輪990g
P1180817
後輪1540gの合計2530g

デフォのホイール
P1180819
前輪1290g
P1180820
後輪1780gの合計3070g。こうして見ると重いんだねえ

ゾンダに替えて実に540gの軽量化ができました。
手で持つと明らかに軽いのがわかります。

Before
P1180818
after
P1180821
G3スポークが強そうに見えるね。
ゾンダ2017年モデルから赤の差し色がなくなったのは私的にはありがたいです。
黒銀白のカラーリングお気に入りなので統一できてよかった(*´ω`*)

乗って見た感想はまた後日載せていきます。